Ferris Festival 2017について


Ferris Festival 2017 テーマ

Dear~大切な人へ想いをこめて~


 

 Dearは「親愛な、心からの」という意味を持ちます。親愛、つまり親しみと愛情を込めた状態という意味です。今年度は、「大学祭実行委員一同と参加団体が一体感を持ち、来場者の皆様とともに、あたたかい気持ちに満ちた笑顔あふれる大学祭を作り上げる」意図から、「Dear~大切な人へ想いをこめて~」をテーマとしました。

 また、この「Dear~大切な人へ想いをこめて~」というテーマには、大学祭実行委員が大学祭に関わる全ての人を大切な人として捉え、親しみを持ち、協力して愛情をこめて心からのおもてなしをするという意味も込められています。これらは、フェリス女学院のモットーとして受け継がれている教育理念「For Others」を、大学祭を通じて表現することで気持ちの伝わる大学祭になると考えております。


開催概要

Ferris Festival 2017

開催日時 11 月 3 日(金)・ 11 月 4 日(土)

開場: 11:00  閉場: 19:00 ※模擬店は 17:00 まで

開催場所: フェリス女学院大学 緑園キャンパス

     (相鉄いずみ野線緑園都市駅下車徒歩約3 分)

 

企画・主催:フェリス女学院大学 大学祭実行委員会


委員長挨拶

 Ferris Festival 2017公式ホームページにアクセスしていただき、誠にありがとうございます。
 今年度の大学祭テーマは「Dear〜大切な人へ想いをこめて〜」です。このテーマには大学祭実行委員が大学祭に関わる全ての人を大切な人として捉え、親しみを持ち、協力して愛情を込めておもてなしをし、大学祭を満喫していただくという大学祭実行委員の想いが込められています。
 大学祭実行委員が主催で行う「サンプリング配布」や「コスメティックプラザ」などの例年好評を頂いている数々の企画や、お子様にもお楽しみいただける「縁日」、来場者の方々が参加する形で行われる「ビンゴ大会」や、「フリーマーケット」、参加団体の華やかなステージ発表や、販売する美味しいご飯やスイーツ等、皆様にお楽しみいただける企画を今年も数多く取り揃えております。
 また、今年度はエコグッズとして最近注目されている手ぬぐいを企業様とコラボして作成、販売したり、乳がんや子宮頸がんについての教室を開き、検査のクーポンをお配りしたりと、新たな企画もご用意しております。
 それらの企画をお楽しみいただくことで、来場者の方々のみならず、参加団体の方々、学校関係者の方々にも大学祭を通じ、日頃の感謝を込めてお返しをさせていただきます。
 本学の教育理念である「For Others」の精神もこの大学祭を通じて皆様にお伝えできたらと考えております。
 大学祭当日、大学祭実行委員によって彩られた緑園キャンパスにて精一杯のおもてなしをさせていただきます。皆様のご来場をお待ちしております。
2017年度フェリス女学院大学大学祭実行委員会
委員長   込山朋惠

取り組み

成果をお披露目する場としての大学祭

学生、参加団体、運営団体の成果をご来場のお客様に感じていただく大学祭を目指します。また、その成果によって、ご来場のお客様や協力してくださっている方々に感謝の気持ちを表して参ります。

エコプロジェクト

平成17年度文部科学省の「現代GP(現代的教育ニーズ取組支援)」に採択されるなど、エコキャンパスとしても名高い本学は、大学祭でも7種類のゴミの分別、エコ容器使用など、エコプロジェクトに取り組んでいます。皆様のご協力がゴミの減量化・リサイクルにつながります。また、カーボンオフセットの取り組みにも力を注ぎ、エコ企画も行うことで、この大学祭が参加者にもエコロジーについて考えていただくきっかけとなるよう努めております。 

地域密着型

キャンパスがある緑園都市の地域の方々とのつながりを大切にしています。

当日の周辺混雑などに対する理解に感謝し、お客様としてはもちろん、フリーマーケットへの出店など直接的な参加もしていただいております。

また、フリーマーケットや縁日など地域密着を意識した企画も催しています。

参加型大学祭

ご来場のお客様が、「見る」だけでなく、「参加」できる大学祭を目指し、お客様に楽しんでいただける参加型の企画を多く設けています。ビンゴ大会や縁日、コスメティックプラザなど、老若男女問わず楽しんでいただける企画を多数ご用意しています。

バリアフリーを意識した大学祭

本学の学生支援センターの一つであるバリアフリー推進室と共催することで、障がいをもつ方へのサポート体制も整え、幅広い方々に大学祭を楽しんでいただけるよう努めて参ります。